ホーム  >  教務課だより  >  特集:教務関係の基本情報 -教育体系と仕組み-

特集:教務関係の基本情報 -教育体系と仕組み-

~主に1年生の保護者向けの情報~ (新入生父母説明会および地区別父母懇談会(春)説明内容抜粋)

ⅰ)教育目的と教育目標

以下に示す教育目的と教育目標を基本とし、教育が展開されています。

  • (教育目的)『考え、行動する人材の育成』 -社会で活躍できる人材-
  • (教育目標)
    1. 創造する力
    2. 豊かな人間性
    3. コミュニケーション能力
    4. 基礎学力

ⅱ)教育体系

本学の教育目的と教育目標を確実に達成し、文部科学省が示す学士力の4項目(知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、総合的な学習経験と創造的思考力)13要素(多文化・異文化に関する知識理解、コミュニケーションスキル、自己管理能力など)を具現化するため、2012年度からより体系的なカリキュラムとして新教育体系を導入しています。

①2012年度以降入学生の教育体系

②2011年度以前入学生の分類(体系)と授業科目

分類Ⅰ(豊な人間性・広い視野を養う教養・共通科目)

導入科目,人文・社会科学,語学,体育,学際領域
例)「地球環境」・「心理学」・「技術者倫理」

分類Ⅱ(科学技術者の基礎を培う 専門基礎科目)

「数学」,「物理」,「化学」,「生物」などの自然科学
情報処理系科目

分類Ⅲ(専門科目)

「在籍学科専門分野科目」

ⅲ)授業科目の区分

各学科には、卒業要件(卒業するために必要な単位数)が定められています。その卒業要件の集計には、以下に示す必選区分が設定されています。また、授業科目ごとに配当される学年と以下に示す開講期区分が設定されています。

必選区分

必修科目:卒業に不可欠な科目
選択科目(選択必修科目を含む):科目群の中から選択して履修する科目
自由科目:他大学、他学科、他コース等の科目

開講期区分

前期科目:前期(4月初旬~8月上旬)
後期科目後期(9月中旬~2月初旬)
通年科目:前期+後期

ⅳ)成績評価の基準

科目の成績は、定期試験・小テスト・レポート・プレゼンテーションなど総合的な要素で評価されています。その総合点を基準にして、成績評価が付与されています。

90点以上 合格
80点以上
70点台
60点台
認定
不可 59点以下 不 合 格
不可 試験放棄その他評価不可能
不可 59点以下の(受講免除)

ⅴ)GPA制度(Grade Point Average)

上記のような成績表示だけでは、学力を定量的に図ることが難しいため、その指標として導入しているのがGPA制度です。GPAの数値は成績の質を示しており、算出方法は以下のとおりです。

GPAの算式(不合格科目が多いとGPAは下がります)

 合格科目の単位数にS=4,A=3,B=2,C=1 ,E・X=0の加重点をかけ総履修単位で割った数値
(計算例)
「哲学」S評価2単位、「心理学」C評価2単位

(4×2+1×2) = GPA = 2.5
4

GPAの活用:2.5以上のGPAを修めた学生は、CAP※が緩和(履修単位の増加)されます。

また、各種表彰対象者の選考に活用されます。
なお、電気電子情報工学科EBコースでは卒業研究着手要件にGPAが利用されています。
※⑦CAP制度参照

GPAの平均値( 2016年度)
  • 1年次前期 2.41 (1年修了時 2.26)
  • 2年次前期 2.12 (2年修了時 2.14)
  • 3年次前期 2.07 (3年修了時 2.13)
  • 4年次前期 2.11 (4年修了時 2.16)

ⅵ)CAP制度

大学設置基準に定められている単位数は、講義科目の場合に1時間の授業に対して、事前学修と事後学修の各1時間を加算した合計3時間を15回実施して1単位となり、学修(成績)の量を示しています。そのため、単位数を実質化するためには、事前事後を含めて学修時間の確保が必要となり、その時間も考慮して履修単位の上限が設定されています。これがCAP制度で、その上限値は以下のとおりです。

上限履修単位数:年間48単位、半期26単位
*各年次修得単位数の目標値

1年次:40単位 前期末では,概ねこの目標値の半分
2年次:40単位
3年次:30~40単位

ⅶ)必要修得単位数

各学科とも卒業には124単位の修得必要なりますが、3年次の進級、4年次の卒業研究の履修には必要単位数が設定されています。その単位数と条件は以下のとおりです。

卒業研究着手に必要な単位数:104単位以上<看護学科87単位以上> (必要単位数に加え学科によって修得科目等の要件が定められています。要件を満たさない場合は4年次留年となります。)
卒業に必要な単位数:124単位以上<臨床工学科136単位以上> (必要単位数に加え学科によって修得科目等の卒業要件が定められています。)